「ほっ」と。キャンペーン

山歩き

yamanohon.exblog.jp
ブログトップ

西への旅、ソウルからのアップロード

e0140334_6331641.jpg

象の鳴声が聞こえる宿、京都岡崎。この日D大学啓明館にて研究発表 7月25日
e0140334_683980.jpg

真田丸から大阪城への抜け穴入り口 村山知義「忍びの者」参照 7月27日

 追記 8月12日 画像とは関係はありませんが参考に『忍びの者』村山知義 三巻「真田忍者群」67年2月 理論社「赤旗日曜版」1964年12月から66年11月まで連載 846枚
≪本編の読者に≫「朝鮮侵略戦争、今までの日本の文学ではこの戦争のことを書いた歴史小説が私の、知る限り、皆無である、ということもあって、私はせっかくのこの機会に、できるだけ詳しく、この恥ずべき戦争を描いて置きたく思った。私たちが中学生、高校生だったころは、日本国民の誇るべき海外雄飛の姿と教え込まれていたこの戦争の実態を、ひろく伝えたかったのだ。朝鮮の友人に話を聞き、資料を借りてしらべた。私はこの一巻を、朝鮮民主主義人民共和国の友人たちに、370年前の日本人の罪悪の謝罪を乞う意を籠めて、ささげたく思う」
(秀吉の朝鮮侵略に関して)

e0140334_6102119.jpg

陸軍省による墓碑群 西南戦争から  真田山 友人の案内で「墓地」の存在を知りました 7月27日  追記8月10日 関連リンク「旧真田山陸軍墓地とその保存を考える会」

e0140334_6113818.jpg

織田作之助墓碑と遭遇 真田山近辺 7月27日
e0140334_6532467.jpg

寺の名前
e0140334_6534777.jpg

フェリーボートはすでに韓国「内」 大阪南港ターミナル
e0140334_6132392.jpg

瀬戸内海、瀬戸大橋目前の日没 7月27日
e0140334_6145623.jpg

玄界灘の夜明け 日の出は午前5時半ころですが5時少し前から明るくなり始めました 7月27日
e0140334_6153598.jpg

霞む対馬、肉眼ではもう少し識別できます 7月28日
e0140334_6161373.jpg

釜山港への接岸 7月28日

e0140334_1240638.jpg

40階段、韓国映画「情け容赦無し」冒頭の殺人事件のロケ地 7月28日
e0140334_636323.jpg

光州市郊外、「発見」されない遺骨も多くあると思います 金正勲さん(リンク)に光州ではお世話になり案内をして頂きました 7月29日 8月7日 追記 金正勲さんによる映画批評 『華麗なる休暇』〈インターネット新聞〈JanJan〉映画の森 08年4月18日 冒頭引用 1980年5月18日。光州市民にとって忘れられないあの日、予備校生だった私もデモの中にいた。平和的に行進する市民に向け、軍は無差別に銃を発射した。道庁に立てこもり、最後まで戦い抜いた“市民軍”の仲間たちを、なぜ助けることができなかったのか。生き残った光州の人々は、今も罪悪感と自責の念から逃れられずにいる。「光州5・18」に映し出される28年前の惨状。胸の底から熱気が湧き出し、軍に対する怒りでぶるぶると体が震えるのだ。…

e0140334_6365759.jpg
e0140334_6373970.jpg

光州市の中心部、道庁前。「5.18民衆抗争」のモニュメント 説明文は三つの言語 7月29日
e0140334_1723864.jpg

ドキュメントDVD

e0140334_6432629.jpg

大田市「西大田駅」、KTXからムグンファ号への乗継
「光州」駅」でKTXに乗るときは宿から光州駅に向う道路の位置を90度も勘違い、広い通りを疾走してかろうじて間に合いました。発車5分前に改札を通り抜け7時20分発に乗車。乗り損なっていれば次は10時半頃のダイヤ 7月30日
e0140334_6415161.jpg

芙江、台山 7月30日
e0140334_6425642.jpg

ソウル市内、ある研究所ロフトからの眺望7月30日

 未だ彷徨中、明日は聞慶市シンポジウム、明後日は未定、8月3日は再び釜山、4日は大阪。
何処の都市、町も30℃超え、湿度も高し。
 各地の友人の皆さんのサポートで10泊11日の旅を続けられています。


8月6日追記。7月26日夜は友人の案内で鶴橋・桃谷駅徒歩20分・15分の韓国家庭料理店「福一」にて夕食。
[PR]
by yamanohon | 2008-07-31 06:12