山歩き

yamanohon.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏の超低山彷徨三ヶ所目一二八高地(館山・戦争遺跡)

e0140334_19462776.jpg

木更津沖の景観。(羽田空港先の川崎の人工島ジャンクションから海底の東京湾アクアトンネルに入り6分ほどで木更津人工島。そこからは海上の大橋を渡った)
e0140334_19464562.jpg

戦跡を回る前に安房文化遺産フォーラム愛沢さん、池田さんの講義を聴く。
e0140334_1947435.jpg

講義の画面(Microsoft PowerPoint presentation graphics program使用)
1624年建立の「四面石塔」の文字。時間の都合で訪問できず。
e0140334_19471759.jpg
e0140334_1947296.jpg
e0140334_19473849.jpg

「洲崎灯台がすぐそばに見える栄の浦に、同様な≪震洋≫基地建設をすすめ、ほぼ完成した」
フォーラムウェブサイトより
e0140334_19474864.jpg


フォーラム作成のパンフレットより。
「第一特攻戦隊第18突撃隊。波左間≪震洋≫特攻基地跡と洲崎「震洋」特攻基地跡
 第18突撃隊は、6月下旬、1人乗り≪震洋≫58隻を主力とする、第59震洋隊の配備命令を出した。45年7月に入って、第59震洋隊には真鍋康夫中尉を部隊長とする、志願した176名の若者たちの配属を決定した。
 館山市波左間の特攻基地の建設では、45年3月下旬から200名から300名の兵士たちが送り込まれ、≪震洋≫の格納壕をはじめ居住・燃料・兵器・食料などの素掘りの地下壕が突貫工事で掘られることになった。その施設は航空機から発見しづらいように、小さな漁村である波左間の民家にまぎれて配置された。
 こうして波左間の海岸から約200メートルとやや離れた山すそに、≪震洋≫格納壕7本と燃料や食料などの地下壕が掘られ、≪震洋≫を海岸まで移動させるためのコンクリート道路が敷かれた。さらに海岸にはコンクリート製の滑り台や、係留施設などが建設されていった」

e0140334_19475644.jpg



e0140334_19481630.jpg

 海岸の≪震洋≫滑り台に到る道は当時に整えられたまま変更されていない。
e0140334_19482526.jpg
e0140334_19483410.jpg
e0140334_19485069.jpg
e0140334_1949110.jpg
e0140334_19491190.jpg

≪震洋≫滑り台は満ち潮のため全容を現していない。

e0140334_19492535.jpg

「かにた婦人の村」敷地地下
フォーラムパンフより「一二八高地 抵抗拠点。1944(昭和19)年7月20日に「本土沿岸築城実施要綱」が発令されると、館山湾からの敵上陸を阻止することを目的に、沿岸の中でおもな抵抗拠点には骨幹的な陣地や塹壕を建設したり、戦略的な拠点には、砲台の建設をした。
そのなかで抵抗拠点のひとつとして建設された施設が、想定された本土決戦の作戦命令では一二八高地」と記載されている場所にある地下壕である。現在、館山市大賀の小高い山の中腹にある地下壕の内部には、コンクリート製の額に「戦闘指揮所」「作戦室」の文字が浮き彫りにされている」



e0140334_19494197.jpg
e0140334_1950638.jpg
e0140334_19502688.jpg
e0140334_19504824.jpg

〔従軍慰安婦の碑〕
「社会福祉法人ペデスダ奉仕女母の家」が運営する「 かにた婦人の村」敷地(蟹田川上流)

深津文雄理事長へのインタヴューを掲載したサイト・「NHKETV≪こころの時代≫」
e0140334_19512115.jpg

e0140334_19514272.jpg

赤山地下壕跡入り口
フォーラムパンフより「海上自衛隊館山基地(館空)のすぐ南側に標高60メートルの「赤山」と呼ばれる小高い山がある。凝灰岩質砂岩などからできた岩山の中には、総延長2キロメートル近くの地下壕(要塞)跡と、巨大な燃料タンク基地跡などが残っている。基地の建設のときに十分な地質調査をし、その後海軍の専門工作部隊によって建設された地下壕と思われる。大部分は素掘りのままであり、今でもツルハシの跡が鮮やかに残っている」
[PR]
by yamanohon | 2008-08-24 19:56

正津勉詩集 『 嬉 遊 曲 』刊行される 7月25日

e0140334_723214.jpg

e0140334_7366.jpg

e0140334_12335838.jpg

e0140334_12262996.jpg


正津勉詩集 『 嬉 遊 曲 』
(しょうづ・べん)正津 勉 著

[PR]
by yamanohon | 2008-08-09 07:03

明石海峡の夜明け、フェリー埠頭は「箱物」行政赤字の象徴

e0140334_17115352.jpg
e0140334_1712579.jpg
e0140334_17123286.jpg
e0140334_17125145.jpg
e0140334_1713631.jpg
e0140334_17132162.jpg
e0140334_17134495.jpg
e0140334_1714335.jpg
e0140334_17142954.jpg
e0140334_17144952.jpg
e0140334_1715495.jpg
e0140334_17152271.jpg
e0140334_1715381.jpg

e0140334_6565190.jpg


着岸は午前10時20分、下船開始10時35分 100mもない距離をバスに乗り入国手続きのフロアへ。10時40分に「入国」。
歩いて「コスモスクエア」駅へ。11分で着く。11:00に地下鉄中央線に乗り森ノ宮11時半少し前着。
友人と鶴橋のお好み焼き店。大阪駅まで車で送ってもらい13時45分の新快速「野洲」行きに乗り、そのまま米原、大垣、豊橋行きに乗り継ぎ名古屋駅まで行く。豊橋から東京駅行き最終各駅電車に乗り継げたが(東京駅着10時30分ころと記憶)、名古屋発4時53分、新幹線「のぞみ」に乗り換える。
フェリーボートで19時間の旅の後、新大阪駅から新幹線にすぐ乗る気分ではなく行けるところまでゆっくりとした電車旅をめざした。 暑くなく荷物も大きくなければ東京まで各駅電車で向う気力は出たかもしれない。
品川駅6時半ころか、自宅最寄り駅7時15分着。
[PR]
by yamanohon | 2008-08-04 17:09

8月3日 ソウルから釜山

深夜のチョンノ観光、チョンノタワーの前で休憩をしていたら急に警察機動隊が集まってきました
e0140334_1656166.jpg

ソウル チョンノタワーの道路を挟んで反対側の広場。午後9時過ぎ。警察機動隊の護送車両10数台に囲まれ、訓練を兼ねてか威嚇的に広場に突出、壁を作り、あるときは座り込み、整列、また護送車に戻るということを繰り返していました。市民、学生は散発的に集合、また移動をするという繰り返し。
e0140334_165638100.jpg

ソウル、チョンノ 独立公園前の交差点。午前2時。市民学生の「無届」デモ。数名が信号を無視して片側車線の道路上に立ち車の流れを止めています。光量不足、望遠で撮影のため画像は不確かです。

e0140334_16565134.jpg
e0140334_1657361.jpg

数分で警察機動隊が数百人駆け付け排除と威嚇。そのまま交差点に立ち放し。
e0140334_16571777.jpg

ソウル ホームスティ先のロフトから ソウル大学医学部、大学路の近く
e0140334_1657438.jpg

釜山駅 11:22 着
e0140334_1658534.jpg

釜山チャガルチ市場 
チャガルチ市場の説明 観光ガイド「プサンナビ」
e0140334_1785371.jpg
e0140334_16582156.jpg

港岸壁沿いに続きます
e0140334_16593252.jpg

情報なく入った食堂、韓国の人の出入りが多かった。
e0140334_1658553.jpg

7,000ウォンは七百数十円に相当。

e0140334_16591791.jpg

ヒラメ刺身定食、鍋付き。10,000ウォン。
e0140334_8295741.jpg

e0140334_8214889.jpg


釜山国際フェリーターミナル二階 出国ゲート前の待合広場に土産物店が並んでいます。
日本の中学生らしきグループ。福岡行きのフェリーに乗るようです。
e0140334_8204992.jpg

e0140334_8211764.jpg

横で聞いていると菓子一箱12,000ウォン(1300円前後)。
e0140334_1791396.jpg

関門海峡通過 夜9時40分過ぎ
[PR]
by yamanohon | 2008-08-03 16:54

韓国の旅2 8月2日ムンギョン

e0140334_16335714.jpg

金子文子の生き方
e0140334_16343657.jpg
e0140334_16345011.jpg
e0140334_1635599.jpg
e0140334_16353136.jpg
e0140334_16354711.jpg
e0140334_1636499.jpg
e0140334_16363086.jpg
e0140334_16364143.jpg
e0140334_16371413.jpg
e0140334_16373069.jpg
e0140334_16374858.jpg
e0140334_1638428.jpg
e0140334_1638291.jpg
e0140334_16384980.jpg

[PR]
by yamanohon | 2008-08-02 16:39

ムンギョンにて

e0140334_17181261.jpg

 ソウル地下鉄「良才」駅付近からを午前10時15分過ぎに車で出発。高速道路は東海に向う車で大渋滞。
 ムンギョンでの行動予定はずれ込み、まずは昼食。
3時過ぎにワークショップを始める。
 夕食の後はホテルの周辺にある簡易居酒屋(屋台の規模を大きくした造作)で急遽通訳をもこなした発表者のKさんを慰労。
 0時過ぎまでマッカリを飲み続ける。

[PR]
by yamanohon | 2008-08-01 17:17